のぞきたくなるウェブサイト

見たくなるウェブサイトはやはり最初の感じ、見た目サイトの題材テーマをビジュアル的に美しくしていると注目を浴びて、このサイト見て見ようかなと思う心理になります。
やはり人間の心理学からすると、イルミネーション、花火もそうですが、サイトの背景の色彩を綺麗にまとめると良いと思います。レイアウトもシンプルに操作しやすくすると良いかと思います。そしてもしウェブサイトでネットショッピングなどを始めらたりするのなら、利用規約を書かれておいた方が良いと思います。ウェブサイトには、不特定多数の人がアクセスしてきますので、魅力あるサイトを作ると同時にサイト内での決まり事をしっかりと宣言していれば、セキュリティも安心かと思います。セキュリティの安心があるからまたウェブサイトに安心してアクセスできるメリットもあります。また質問等があった場合は、出来るだけはやく回答しておきますと高感度がアップします。

トップページと第一階層を魅力的に

ウェブサイトのアクセスをのばしたり魅力的にするためにはなんといってもトップページと第一階層がどれだけ重要かと言うことを社内に知らしめて充実させることだと思います。実際にリンクを貼ったりアフィリエイトの仕組みを使ったりしてもファーストコンタクトでトップページに魅力がなければまず見てもらうことができません。ですからシンプルでわかりやすいフォント、そして一目で伝えたいことがわかるようなキャッチーなデザインを使うことが大きなポイントです。ですから社内で解決できないような場合、社外のデザイナーにピンポイントでお金を支払ってでもデザインをしてもらったほうが良いと思います。そして、このような取り組みは一時的なものでは意味がなく継続的にキャッチーなタイトルやデザインを修正していくことが魅力的なウェブサイトにとつながり、結果的にはアクセスを増やすことができるのです。
もちろん投資も必要になってきますが致し方ありません。

WEBサイトに人を集める文章術

・「WEBサイトのアクセスが伸びない」
・コメントやイイねなど読者からのレスポンスがない

その原因の一つは「文章」にあります。

「文章」と大きくまとめましたがその中にも様々な種類があります
・人を集める(集客)ための文章
・商品を買ってもらうための文章(セールスライティング)
・ブログなどに書く文章

と大きい範囲で出しただけでもこのくらいはあります。

その中でも今日は全てに共通している文章術を紹介します

それは

「人の欲望を利用すること」

です。

どの種類の文章を書くにも押さえておかなければならないのが
「人を惹きつけ動かす書き方」になります。

ブログの文でもWEBサイトに魅力を出すのも文章は必要不可欠で、
その文章を見るのも、見て反応してくれるのも人間です。

「コメントしてあげよう」「商品を買いたい」と思ってもらい実際に
行動してもらうには人間の欲望を刺激する分を入れることが大切です。

そのWEBサイトのターゲットとなる読者がどんな人間か
※若い女の人なのか、30歳前後の男性なのか、主婦の人なのか

ターゲットとなる人間を少し考えてみてどんな事に欲があるのか考えてみて
それを文章に入れていく事でWEBサイトを見てくれる人が増えます

人をたくさん集めてWEBサイトを魅力的にしましょう

タイトル、デザイン、テキストの書き方

まず処々にWEBサイトノタイトルを魅力的なもの人が気になってみたくなるようなタイトルにすることによってWEBサイトへのアクセスも増えサイトが魅力的なものになる。

次にデザイン、ダイナミックなデザイン(テンプレート)を使用し全体を見やすくする。WEBサイトは情報量が多いほうがアクセスが多くなり魅力的なものにすることができるが情報量を多くすればするほどごちゃついてしまうので、カテゴリーを活用し綺麗におさめた方が魅力的なサイトになる。

記事を書く際のテキストの書き方に注意する。
記事を読む際に句読点が多すぎたり、少なすぎると読者も離れてしまうので読みやすい文章を心がけることでサイトを魅力的なものにすることができる。

サイトについて細かく記載されているページを作る。
どんなサイトかわかるようにしておけば読者も安心し魅力的なサイトにすることができる。

お問い合わせフォームを作成し読者が疑問に思ったことも対応できれば魅力的なサイトになる。

WEBサイトに必要な更新頻度について

WEBサイトを作る際には流行をチェックするようになります。しかし実際には流行の他にもユーザーを魅了する要素があります。
人気のWEBサイトにはユーザーを惹き付けるだけのコンテンツが存在します。またモダンなデザインだとWEBサイトも面白くなります。当然のように良いデザインにはコンピュータスキルも必要です。
基本的に魅力的なWEBサイトはユーザーが期待できる内容になっています。更新された時に面白い要素を探すのがユーザーです。その期待に応えるとWEBサイトにも人気が集まりやすくなります。
基本的には見やすくて情報量が多いところが良いWEBサイトのポイントです。またそういうサイトではコンセプト設定やテーマの追求が大事です。幅広くジャンルを扱うとユーザーが離れる可能性もあります。
また魅力的なWEBサイトにするためには常に更新を続けることが基本です。途中で投げ出すとユーザーにもそれが分かってしまうのです。最初から優れたWEBサイトを作るよりも地道な更新が大事です。

ヴィジュアル面と機能面。2つのデザインが必要

WEBサイトを魅力的にするには、大きく2つのデザインを気にする必要があると思います。
1つは目は見た目のヴィジュアル面でのデザイン。
2つめは「サイトが使いやすいかどうか」という機能面の「デザイン」
「ユーザビリティ」とも言われます。

1つ目のヴィジュアル面でのデザインは人間で言う「第一印象」だと思います。
なるべくカッコイイ or 綺麗な方が人の目に止まると思います。

何よりWebサイトでは写真が大事です!アイキャッチの力は偉大です。
まずははキャッチーでターゲットにあった良質な写真をデザインに盛り込みます。
そうしないと、いくら文章(コンテンツ)が良くても読まれずにスルーされてしまいます。
皆さん文字がぎっしりのページは見たくないでしょう。これではPV数も伸びません。
これは経験談から言えます。

2つ目、サイトの機能面のデザインも大事です。
見た目がお洒落でも、例えば食材を購入できるECサイトで、
よし、これはいい商品だ。注文しよう!とユーザーが決心してくれても、
「あれっ注文ボタンが見たあらない..いいや他のサイトで買おう」となってしまいます。
飲食店では電話番号をかけやすい場所に設置したり、それぞれのサイトを使いやすくする
ユーザビリティを考慮した導線の設計が必要だと思います。

以上、2つの「ヴィジュアル面」、「機能面」のデザインが
WEBサイトを魅力的には必要だと思います。