見やすいウェブサイトでもデザインは大事

フリーランスや企業さんのサイトでよく悩むのがウェブサイトですよね。最近はスマートフォン専用ページとパソコンのサイトとはアイコンの配置とかも違いますのでかなりレイアウトに悩むと思います。特にスマートフォンだと縦長になりますのでパソコンとは逆にスクロール前提でレイアウトを考えなければなりません。更に画像の読み込みもしなければいけませんので画像も圧縮して軽くし、そしてなおかつ訪問者の人に見てもらわなければいけません。

ここ最近はスマートフォンの方がアクセス数が多いという現実がありますのでサイトのアクセス数を伸ばすことを考えると特にスマートフォン向けのサイトには力を入れる必要があります。

しかし、軽く作るが故にあまりビジュアルがよくないサイトを作ると訪問者はすぐブラウザバックをしてしまうので目がチカチカしない程度に華やかなサイトを作ることが大事です。アニメーションならGIF形式を使えばスマートフォンでもかなり軽く作れるのでオススメです。

スマホ対応のWEBサイトはシンプルに

最近はスマートフォンが普及し、かなり多くの人がWEBサイトをスマートフォンで閲覧しています。また、近年格安シムも普及してきました。自宅にWi-Fi環境があるなら、スマートフォンではデータ容量が少なくても困ることはありません。月に1GB程度で契約している人もいます。WEBサイトをスマートフォンで見てもらいたいと思う場合は、無駄にデータを消費しないように配慮したWEBページ作りが求められます。例えば、動画を組み込むと、再生するだけでかなりのデータ容量を消費してしまいます。また、適度な数の画像なら、WEBサイトを魅力的に飾ることができますが、画像が多すぎるとデータを消費してしまいます。データ容量を気にしながら使用しているスマートフォンユーザーにとって、データ量の大きいWEBサイトにいらだちを感じてしまうかもしれません。開いた瞬間に閉じてしまうことも考えられます。それで、スマートフォン対応のWEBサイトにする場合は、データ量を少なめにしてシンプルに作るのがお勧めです。