WEBサイトに必要な更新頻度について

WEBサイトを作る際には流行をチェックするようになります。しかし実際には流行の他にもユーザーを魅了する要素があります。
人気のWEBサイトにはユーザーを惹き付けるだけのコンテンツが存在します。またモダンなデザインだとWEBサイトも面白くなります。当然のように良いデザインにはコンピュータスキルも必要です。
基本的に魅力的なWEBサイトはユーザーが期待できる内容になっています。更新された時に面白い要素を探すのがユーザーです。その期待に応えるとWEBサイトにも人気が集まりやすくなります。
基本的には見やすくて情報量が多いところが良いWEBサイトのポイントです。またそういうサイトではコンセプト設定やテーマの追求が大事です。幅広くジャンルを扱うとユーザーが離れる可能性もあります。
また魅力的なWEBサイトにするためには常に更新を続けることが基本です。途中で投げ出すとユーザーにもそれが分かってしまうのです。最初から優れたWEBサイトを作るよりも地道な更新が大事です。

ヴィジュアル面と機能面。2つのデザインが必要

WEBサイトを魅力的にするには、大きく2つのデザインを気にする必要があると思います。
1つは目は見た目のヴィジュアル面でのデザイン。
2つめは「サイトが使いやすいかどうか」という機能面の「デザイン」
「ユーザビリティ」とも言われます。

1つ目のヴィジュアル面でのデザインは人間で言う「第一印象」だと思います。
なるべくカッコイイ or 綺麗な方が人の目に止まると思います。

何よりWebサイトでは写真が大事です!アイキャッチの力は偉大です。
まずははキャッチーでターゲットにあった良質な写真をデザインに盛り込みます。
そうしないと、いくら文章(コンテンツ)が良くても読まれずにスルーされてしまいます。
皆さん文字がぎっしりのページは見たくないでしょう。これではPV数も伸びません。
これは経験談から言えます。

2つ目、サイトの機能面のデザインも大事です。
見た目がお洒落でも、例えば食材を購入できるECサイトで、
よし、これはいい商品だ。注文しよう!とユーザーが決心してくれても、
「あれっ注文ボタンが見たあらない..いいや他のサイトで買おう」となってしまいます。
飲食店では電話番号をかけやすい場所に設置したり、それぞれのサイトを使いやすくする
ユーザビリティを考慮した導線の設計が必要だと思います。

以上、2つの「ヴィジュアル面」、「機能面」のデザインが
WEBサイトを魅力的には必要だと思います。