最初に目に入るのはサイトデザイン

日々WEBサイトを見ていて明らかに魅力的なサイトとそうでないサイトがあります。第一印象はいうまでもなくサイトデザインから判断されます。魅力的なサイトは適度な枚数の画像、しかも美しい画像で、洗練されて見えます。かといって画像が多すぎても内容が薄い印象になるので、文章とのバランスが必須です。目的があってサイトを訪れているのですから、関連記事へのリンクがあると次々と記事を開く機会が増えます。この場合も文字リンクだけでなく画像があると、イメージしやすく見る気持ちを起こさせてくれます。ただしこれらも画面が混み過ぎていると逆効果です。あくまでスッキリした印象をベースに機能的かつ美しい画面を目指しているサイトは好印象が持てます。フォントもデザインの一部ですから当然大事なポイントです。画面の多くを埋めるフォントは読みやすいものを選ぶべきです。個人的にはあおるような文章は好まず誠実さが伝わるような文章が好きで、そのようなサイトに親近感を覚えます。

回り道するのがユーザーのためになる?

自分でブログをやったり、もう少し踏み込んで自分でWEBサイトをやられる方も多いかと思われます。広告収入を目的とされたり、あるいは単純に収益は関係なく多くの人に自分のサイトを見てもらいたいという方もいるかもしれません。
ただネット上はテキストだけでなく動画や音楽や画像やあらゆる人があらゆるコンテンツをネット上に提供しており、自分の表現したものというのは、そういう大きなネットという海のなかに呑まれてほとんどの人の目に触れることも少なくなってしまいます。
特に広告収入を得たいと思う方は少しでもアクセス者の興味に触れるものを提供しようとしたり、あるいは自分の売りたいものをいかに売るか苦心されるかと思います。
即効性のある方法というのはなかなかありませんが、少なくとも継続的にやって行くなかで、アクセス者に胡散臭さを感じさせないようにする、つまりは本当にアクセス者に有益になる情報や商品を提供し続けないことには、一度見に来てくれた方ですら失うことになりかねないので、まずはそのような小さなことを積み重ねていくことが時間はかかりますが、ゆくゆくはサイトの高評価に繋がっていくのではないでしょうか。

魅力的なWEBサイトにする3つの方法

WEBサイトを魅力的にするには、いくつか方法があります。まず明確にターゲティングを絞ることです。そのWEBサイトを見て欲しい人は男性なのか女性なのか、年齢はどれくらいなのか、どんな仕事をしているのか、どんな趣味を持っているのかなどなど、ターゲティングを絞れば絞るほど、そのサイトを見に来た人にとって魅力的なサイトになります。そしてそのターゲティングを元に、デザインを決め色を決めていきます。また、どこになにが掲載されているのか、わかりやすくすることもとても大事なことです。例えデザインがよくても、わかりずらいサイトはすぐに離脱してしまいます。これはおしゃれなサイトにありがちで、デザイン優先のサイトは魅力的とは言えません。WEBサイトは、情報をわかりやすく的確に伝えることが役目です。ですので、デザイン性とユーザビリティーのバランスがとれたサイトが、魅力的なサイトといえるのではないでしょうか。そこにいかに近づけることができるか、それがWEBサイト制作者の使命と言えるでしょう。

見やすいウェブサイトでもデザインは大事

フリーランスや企業さんのサイトでよく悩むのがウェブサイトですよね。最近はスマートフォン専用ページとパソコンのサイトとはアイコンの配置とかも違いますのでかなりレイアウトに悩むと思います。特にスマートフォンだと縦長になりますのでパソコンとは逆にスクロール前提でレイアウトを考えなければなりません。更に画像の読み込みもしなければいけませんので画像も圧縮して軽くし、そしてなおかつ訪問者の人に見てもらわなければいけません。

ここ最近はスマートフォンの方がアクセス数が多いという現実がありますのでサイトのアクセス数を伸ばすことを考えると特にスマートフォン向けのサイトには力を入れる必要があります。

しかし、軽く作るが故にあまりビジュアルがよくないサイトを作ると訪問者はすぐブラウザバックをしてしまうので目がチカチカしない程度に華やかなサイトを作ることが大事です。アニメーションならGIF形式を使えばスマートフォンでもかなり軽く作れるのでオススメです。

ジャンルにぴったり合ったデザインのWEBサイトは魅力的

画像が少ないWEBサイトは地味で味気ないので魅力的ではないです。そのためできるだけいろいろなオリジナルの画像を作ってWEBサイトに載せると魅力的にできます。例えば、女性に受けるWEBサイトを作りたいならば、かわいいアニマルなどのイラストを使うといいです。かわいいキャラクターが散りばめられたWEBサイトは非常におしゃれで魅力的です。おしゃれで魅力的なイラストを自分で作るためには専用の画像加工ソフトを使う必要があります。プロが使うようなソフトは値段が高いのでフリーのソフトを使うとコストをかけず画像の加工ができます。また、自分で画像を作るのが難しい人は、フリーの画像がたくさんあるサイトから好きな画像を見つけるといいです。小さな子どもがいる家庭向けのアットホームな雰囲気のデザインのWEBサイトを作りたい時には、温かいイメージのカラーを選んで作るようにするとユーザーから高い評価を受けることができます。やはり、ジャンルにぴったり合ったデザインにしているWEBサイトには多くのリピーターが集まります。

スマホ対応のWEBサイトはシンプルに

最近はスマートフォンが普及し、かなり多くの人がWEBサイトをスマートフォンで閲覧しています。また、近年格安シムも普及してきました。自宅にWi-Fi環境があるなら、スマートフォンではデータ容量が少なくても困ることはありません。月に1GB程度で契約している人もいます。WEBサイトをスマートフォンで見てもらいたいと思う場合は、無駄にデータを消費しないように配慮したWEBページ作りが求められます。例えば、動画を組み込むと、再生するだけでかなりのデータ容量を消費してしまいます。また、適度な数の画像なら、WEBサイトを魅力的に飾ることができますが、画像が多すぎるとデータを消費してしまいます。データ容量を気にしながら使用しているスマートフォンユーザーにとって、データ量の大きいWEBサイトにいらだちを感じてしまうかもしれません。開いた瞬間に閉じてしまうことも考えられます。それで、スマートフォン対応のWEBサイトにする場合は、データ量を少なめにしてシンプルに作るのがお勧めです。

評判がよいWEBサイトにしました

評判が良いWEBサイトを自分なりに工夫して作ることにしました。ブログを書いていましたが、けっこう評判が良くなり、アフェリエイトをリンクするようになったところ、手数料が10%入ることもあったので、高い利率のサイトを紹介するようにしました。また、色んな方が気軽にWEBサイトをチェックしてもらえるよう、色々とリンクしてトップページはおしゃれな雰囲気を出した後、日常生活を色々と書いて毎日更新することで、ブロ友さんとの交流もでき、アフェリエイトをリンクすることで興味を持ってもらうこともでき、なかなか充実した時間を過ごすことができます。HTMLなど独学で勉強して、WEBサイトをアレンジするなど工夫していたら評判がよいWEBサイトになりました。また、CGIで掲示板を作り、ブロ友さん同士でコミュニケーションが取れるなど、色々と工夫するようになったらとても楽しくなり、充実したWEBサイト構築時間が取れるようになりました。

更新のたびにオリジナル画像、動画を取り入れる

魅力的なウェブサイトは、何らかの画像が多用されていることが多いようです。それは文字で長々と伝えるよりも、画像によってひと目で説明できたり、アクセントになったりする効果があるからです。しかしどんな画像でも良いというわけじゃなくて、適切なものを用意してこそではないでしょうか。

自前で用意したオリジナル写真、イラストのほうが、インパクトは大きいという感じがします。簡単なものでも自前にこだわる、これでこそ文章から画像まで100%オリジナルを目指せるというわけです。

自前で魅力的なウェブサイトにするなら、画像だけじゃなくて動画もあったら良いと思います。撮影をして編集で文字をいれて、ひとまずYOU TUBEにアップロード、それをサイトに貼り付けると言った感じです。動画のほうがオリジナル感やインパクトも出るし、ウェブサイトだけじゃなくYOU TUBEのほうでも注目を集められます。更新のたびオリジナル画像・動画を必ず使う、これが魅力的なサイトに近づく1歩でしょう。

見る人の気持ちになって考える

Webサイト作りは、見る方の気持ちになって作成をすることが大切です。

初めにどのようなサイトを作るのかテーマを決めることです。テーマが決まらないと完成をした時にまとまりがないWebサイトになってしまうので気を付けることです。また、トップページに今流行りのことを入力して、見やすく整理をすることが大事です。どのようにするかという内容も重要ですので、あらかじめ考えておく必要があります。また、レイアウトも非常に大切なので、紙やワード、エクセルを使って、どんな感じにするか作ってみるのもお勧めです。トップページが分かりにくかったりすると、見る方は他のページも同じような感じなのかと思ってしまうのです。適度な色を付けると楽しみも感じられます。何度もやり直していけば、魅力的なサイトを完成させることが出来るはずです。今流行のものを取り入れると、見に来られた方も注目してしまうようになります。作成をする時に、どの年代をターゲットとするかによって作り方が変わってきます。その点に気を付ければわかりやすいサイトとなります。

伝えたい情報を整理する

高校のころからブログを中心としたWEBサイトを作成し、専門学校ではWEBデザインなどを学んできました。

職業にはしていませんが、今でも知り合いの会社のサイトを作ったりしています。

そんな経験の上で言えるのが、観覧数が多いWEBサイトにするためには、必ずトップページのメインリンクは3つ程度に収める、ということです。

どういう事かというと、よくトップページに同じ文字サイズですべてのページへのリンクを表示しているサイトがありますが、こういったサイトはどのページが一番重要なのかがわからず、何を主旨として伝えたいのかが伝わってきません。

なので、WEBサイトを作る際は、伝えたいことを3つに絞ります。

例えば企業サイトだとすると「企業について」「商品ページ」「リクルート情報」の3つを1番に伝えたい情報だとすれば、その3つをトップページにリンクとして表示させます。

また、リンクは字ではなく、画像リンクにするとさらに魅力的でしょう。

是非参考にしてみてください。