評判がよいWEBサイトにしました

評判が良いWEBサイトを自分なりに工夫して作ることにしました。ブログを書いていましたが、けっこう評判が良くなり、アフェリエイトをリンクするようになったところ、手数料が10%入ることもあったので、高い利率のサイトを紹介するようにしました。また、色んな方が気軽にWEBサイトをチェックしてもらえるよう、色々とリンクしてトップページはおしゃれな雰囲気を出した後、日常生活を色々と書いて毎日更新することで、ブロ友さんとの交流もでき、アフェリエイトをリンクすることで興味を持ってもらうこともでき、なかなか充実した時間を過ごすことができます。HTMLなど独学で勉強して、WEBサイトをアレンジするなど工夫していたら評判がよいWEBサイトになりました。また、CGIで掲示板を作り、ブロ友さん同士でコミュニケーションが取れるなど、色々と工夫するようになったらとても楽しくなり、充実したWEBサイト構築時間が取れるようになりました。

更新のたびにオリジナル画像、動画を取り入れる

魅力的なウェブサイトは、何らかの画像が多用されていることが多いようです。それは文字で長々と伝えるよりも、画像によってひと目で説明できたり、アクセントになったりする効果があるからです。しかしどんな画像でも良いというわけじゃなくて、適切なものを用意してこそではないでしょうか。

自前で用意したオリジナル写真、イラストのほうが、インパクトは大きいという感じがします。簡単なものでも自前にこだわる、これでこそ文章から画像まで100%オリジナルを目指せるというわけです。

自前で魅力的なウェブサイトにするなら、画像だけじゃなくて動画もあったら良いと思います。撮影をして編集で文字をいれて、ひとまずYOU TUBEにアップロード、それをサイトに貼り付けると言った感じです。動画のほうがオリジナル感やインパクトも出るし、ウェブサイトだけじゃなくYOU TUBEのほうでも注目を集められます。更新のたびオリジナル画像・動画を必ず使う、これが魅力的なサイトに近づく1歩でしょう。

見る人の気持ちになって考える

Webサイト作りは、見る方の気持ちになって作成をすることが大切です。

初めにどのようなサイトを作るのかテーマを決めることです。テーマが決まらないと完成をした時にまとまりがないWebサイトになってしまうので気を付けることです。また、トップページに今流行りのことを入力して、見やすく整理をすることが大事です。どのようにするかという内容も重要ですので、あらかじめ考えておく必要があります。また、レイアウトも非常に大切なので、紙やワード、エクセルを使って、どんな感じにするか作ってみるのもお勧めです。トップページが分かりにくかったりすると、見る方は他のページも同じような感じなのかと思ってしまうのです。適度な色を付けると楽しみも感じられます。何度もやり直していけば、魅力的なサイトを完成させることが出来るはずです。今流行のものを取り入れると、見に来られた方も注目してしまうようになります。作成をする時に、どの年代をターゲットとするかによって作り方が変わってきます。その点に気を付ければわかりやすいサイトとなります。

伝えたい情報を整理する

高校のころからブログを中心としたWEBサイトを作成し、専門学校ではWEBデザインなどを学んできました。

職業にはしていませんが、今でも知り合いの会社のサイトを作ったりしています。

そんな経験の上で言えるのが、観覧数が多いWEBサイトにするためには、必ずトップページのメインリンクは3つ程度に収める、ということです。

どういう事かというと、よくトップページに同じ文字サイズですべてのページへのリンクを表示しているサイトがありますが、こういったサイトはどのページが一番重要なのかがわからず、何を主旨として伝えたいのかが伝わってきません。

なので、WEBサイトを作る際は、伝えたいことを3つに絞ります。

例えば企業サイトだとすると「企業について」「商品ページ」「リクルート情報」の3つを1番に伝えたい情報だとすれば、その3つをトップページにリンクとして表示させます。

また、リンクは字ではなく、画像リンクにするとさらに魅力的でしょう。

是非参考にしてみてください。

定期的な更新を

WEBサイトを魅力的にするためには、定期的な更新も必要です。それぞれのWEBサイトのテーマにもよると思うのですが、とくに情報系のWEBサイトならばこまめな更新こそがユーザーを増やす鍵となることでしょう。

また、情報系ではなくて会社の宣伝としてのWEBサイトにしましても、やはり定期的な更新は魅力的なWEBサイトにするためには必要だと思います。

WEBサイトの文字情報を更新しないまでも、トップページの写真を定期的に変えることでもいいでしょう。とにかく、魅力的なWEBサイトにするためには、「放ったらかし」の印象をつけてはいけません。

要するに、「このWEBサイトはちゃんと手入れされている」というイメージを与えることで、ユーザーを安心させるのです。逆に言えば、放ったらかしのWEBサイトとなりますと、信頼度が落ちるとも言えますから。

放ったらかしのWEBサイトは魅力的なWEBサイトとは真逆であり、「この会社、ちゃんと連絡つくのかなー?」と不安感を与えます。だからこそこまめにーとは言わないまでも、数ヶ月に一度程度は何らかの更新を行う方がいいでしょう。

WEBサイトもグラフィックデザインを参考にする

WEBデザインとグラフィックデザインは厳密には違いますが魅力ある見やすいビジュアルを目指すというところは近いところがあります。WEBサイトのほうが動画やアニメーションなど動的な要素があったりページを移動するためのボタンやアイコンの存在がありますが、ビジュアル的な魅力を考慮するというところは一致します。グラフィックデザインでカラーコーディネートやレイアウトの基本などはWEBサイトでも十分に参考になるところです。グラフィックデザインで魅力的だと感じたデザインをWEBサイトでも応用として使うことは十分に可能なのでいろんなグラフィックデザインを参考にするのは有効な方法です。具体的にはポスターやチラシ、パンフレットのデザインから雑誌や書籍のデザイン、街中の看板などいろんなグラフィックデザインが存在しています。文字の使い方や背景の色使い、写真の取り入れ方など魅力的だと思ったところはどんどんストックしてWEBサイトに反映できれば魅力的なサイトに近づけるはずです。

WEBサイトには良い文章があれば魅力が上がる

メールなどもそうですが、インターネットの世界は文字情報のやり取りで成り立っています。そのため、WEBサイトを魅力的にしたいのであれば、そのWEBサイトに出ている文章を良いものにすることが大事です。具体的には、人が読んでいて面白くなるような文章がWEBサイトに出ていると、魅力が上がります。

しかし面白い文章を書こうとしても、いきなりできるものではありません。最初にそのWEBサイトを作った目的をはっきりさせておきましょう。誰にどんな情報を読んで欲しいのかを考えれば、WEBサイトに載せるべき文章の内容が頭に浮かんでくるはずです。

読ませたい文章が決まれば、あとはその文章を書いていくだけです。ですが、文章を書くだけでは面白い、または良い文章は作れません。しかし一方で、面白かったり、良いと思われる文章を書くためには、近道はありません。

よって良い文章を作るためには、多くの文章を作って経験を積んでいく必要があります。良い文章を作るのは大変ですが、同時にやりがいもあります。

自分らしさが現れるようにする

テーマが決まっているWEBサイトなら、情報を充実させたり、信ぴょう性を高めたりすることで良いWEBサイトに作り上げていくことができますが、コラム記事やスタッフブログなどは、ちょっと違った工夫が必要です。その方法の一つは、筆者の個性が現れるようにするということです。実際の人間関係でも、仮面をつけて接してくる人よりも、素顔で地下いてくる人に引き付けられるのではないでしょうか。WEBサイトでも同じです。記事の中に書かれている内容から、筆者の人柄や価値観が読み取れるようにすると、読者は引き付けられます。ただし、WEBサイトのテーマによっては主観を入れずに、客観的な内容で書かないといけない場合もあります。今書いている記事が、どのように使われるのかを理解した上で、個性が見えるようにするのか客観的に書くのかを判断する必要があるでしょう。また、個性が現れるようにする場合でも、魅力的な人柄でないと意味がありません。乱暴で切れやすい人は嫌われます。

のぞきたくなるウェブサイト

見たくなるウェブサイトはやはり最初の感じ、見た目サイトの題材テーマをビジュアル的に美しくしていると注目を浴びて、このサイト見て見ようかなと思う心理になります。
やはり人間の心理学からすると、イルミネーション、花火もそうですが、サイトの背景の色彩を綺麗にまとめると良いと思います。レイアウトもシンプルに操作しやすくすると良いかと思います。そしてもしウェブサイトでネットショッピングなどを始めらたりするのなら、利用規約を書かれておいた方が良いと思います。ウェブサイトには、不特定多数の人がアクセスしてきますので、魅力あるサイトを作ると同時にサイト内での決まり事をしっかりと宣言していれば、セキュリティも安心かと思います。セキュリティの安心があるからまたウェブサイトに安心してアクセスできるメリットもあります。また質問等があった場合は、出来るだけはやく回答しておきますと高感度がアップします。

デザインのコンペ

ウェブサイトを魅力的にするためにはまず第一階層とトップページを魅力的にする必要があります。そして、実際にどのように変革していくかにおいては外部の力を利用するのが1番早いと思います。もちろん、情報セキュリティーや日々の更新を考えた上ではオーサリングや日常管理は自社で行うべきかもしれませんが、第一階層やトップページといったデザインが目を引くためには外部のコンペ行って優れたデザイナーが存在する企業にお願いすべきです。
もちろん、デザインだけではなくユーザビリティーの考えた試験を行った上でコンペ先を選ぶべきではありますがあまりにも方にはまったようなデザインを提案してくるようでは過去と変わりないのであまり制限を設けずコンペを行ったほうが得策かと思います。
ここで事前に確認しておくべきは冒頭にも記載しましたが日々の更新をどのように行うかです。コストを考えた上ではデザインと仕組みさえしっかりしていれば日々の更新は自社で行ったほうが間違いなくコストも下がります。