スマホ対応のWEBサイトはシンプルに

最近はスマートフォンが普及し、かなり多くの人がWEBサイトをスマートフォンで閲覧しています。また、近年格安シムも普及してきました。自宅にWi-Fi環境があるなら、スマートフォンではデータ容量が少なくても困ることはありません。月に1GB程度で契約している人もいます。WEBサイトをスマートフォンで見てもらいたいと思う場合は、無駄にデータを消費しないように配慮したWEBページ作りが求められます。例えば、動画を組み込むと、再生するだけでかなりのデータ容量を消費してしまいます。また、適度な数の画像なら、WEBサイトを魅力的に飾ることができますが、画像が多すぎるとデータを消費してしまいます。データ容量を気にしながら使用しているスマートフォンユーザーにとって、データ量の大きいWEBサイトにいらだちを感じてしまうかもしれません。開いた瞬間に閉じてしまうことも考えられます。それで、スマートフォン対応のWEBサイトにする場合は、データ量を少なめにしてシンプルに作るのがお勧めです。